多汗症にはベビーパウダー!

多汗症にはベビーパウダー!

発汗には精神性発汗と温熱性発汗の2種類があります。温熱性発汗は体温調節をするもので、運動をしたときや気温が高いときに体を冷やすためにおこる現象で、主に背中や頭部に現れます。精神性発汗は運動をしたときや気温とは関係がなく、緊張をしたときなどにおこります。この発汗は足の裏や手のひらなどに多くみられ、一般的に多汗症と呼ばれるのは精神性発汗と思っていいようです。温熱性発汗は人間が生きていくうえで必要不可欠なものなので止める必要はありませんが、精神性発汗はあまりにもひどいと社会生活を行う上でわずらわしいものとなり、ストレスを感じることも多くなるため、治療の対象となります。ただ、リスクを伴う手術などは最後の手段としてとっておきましょう。自分に合った対処法が見つかれば、そこまでしなくても多汗症が改善されるかもしれません。絶大な効果は期待できなくても、体にリスクが少なく安心して使用できるものの方が好ましいですよね。そういう意味ではベビーパウダーは、刺激に弱い赤ちゃんでも使えるほどなので副作用の心配もなく安心です。ベビーパウダーをつけたことでどのような効果があるのかというと、一時的ではありますが汗をおさえて、お肌をさらさらな状態にしてくれます。多汗症が完治するというわけではありませんが、ベビーパウダーを使うことによって汗によるべたつきなどから解放されるならば、使用する意味はあるのではないでしょうか。