多汗症の人のファッション

多汗症の人のファッション

多汗症で悩む人は日本だけではなく世界各国にたくさんいると言われています。多汗症で最も辛いのが人の目ですよね。もちろん人の目につかなかったとしても、汗をたくさんかくことで寝つきが悪かったり、脱水症状になったりなど、健康被害がある場合のほうが怖いし不便でもあります。でもやはり人間は外見を気にする生き物です。人前で汗をだらだらかいていたら恥ずかしいということでほとんどの人はコンプレックスを感じています。多汗症の人は大量の汗をかくということでなかなかファッションを楽しめないのではないでしょうか。洋服を着ていると汗じみが目だったり、中には洋服がしぼれるほどびしょびしょになってしまうという人もいるようです。でもやっぱりファッションを楽しみたいというのは誰しもが感じる願望です。そういった場合はなるべく汗が目立たないように工夫をしたファッションを心がけるといいかもしれません。汗対策としてできることは結構あるものですよ。例えば、汗脇パットを使用するなど。汗脇パットならファッションを変える必要がなく、人にもばれないので、ワキ汗が気になる人にはいいのではないでしょうか。それから、薄い肌着を一枚下に着るなど。その場合だとアセをかいたら肌着だけ着替えればいいのでそんなに大変な作業ではないですよね。そういった肌着はいつも持ち歩くといいかもしれません。ちょっとトイレに行ったついでとかに着替えることができるので重宝すると思います。