多汗症のツボ

多汗症のツボ

多汗症で握手を拒む女性

汗って女性にとっては大敵ですよね。せっかく頑張ったメイクも崩れてしまいますし、汗ってあまり良いイメージはありません。それに洋服に汗ジミが付いたり、汗臭くもなります。体温の調節に必要な範囲をこえて汗が異常にでてしまう人は多汗症の可能性があります。スポーツをしたときの汗などは爽やかでいいかもしれませんが、そうでないときならちょっと困りますよね。多汗症は交感神経の調子が悪く、体温が上がったということとは関係なく、エクリン腺により汗がたくさん出てしまう疾患です。特にたくさんアセが出る場所は、手や脇、頭部などです。多汗症は不安や緊張などによる気持ちの持ち方など、精神的なことが原因でアセがでてしまうというわけではなく、身体機能のトラブルによりおこる病的なアセということになります。そのため、1996年(平成8年)の4月には治療に健康保険が適用されることになりました。クリニックで治療を受ける人もいますが、多汗症対策に有効なツボ押しもあるので試してみてください。クリニックに行く手間が省けますし、お金もかからずどこでも簡単にできるというのがメリットです。緊張によるアセに対してはリラックス効果がある「労宮」というツボを刺激するのが効果的です。このツボは手のひらの中心部分で、手をグーにしたときに中指の先端が当たるところにあります。労宮のツボを深呼吸をしながら、5秒押して5秒離す、という動作を何度か繰り返し行うようにしてください。